加古川レガッタを終えて

加古川レガッタは特に関選のリベンジのつもりで挑みました。関選での課題点や苦手を意識し、ベストを尽くそうと意気込みました。結果4レーン中、4位で準決には届かなかったものの、シングルでベストタイムを出すことができて嬉しかったです。けれども、強豪校と比べると自分はまだまだだと実感しました。この悔しさをバネにして次の大会に臨んでいきたいです。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です