オーバープレッシャー初大会

こんにちは。2回生の野本です。24日に西日本レガッタに2回生の濱崎とダブルスカルで出場しました。

初めての大会というわけで、なにをどうすればいいか分からず右往左往。イワシの群れのように周りの人に合わせて行動していた。

そして、レース開始7分ほど前、自分たちのクルー名が呼ばれる。掌からは汗が溢れ出て、頭は真っ白になる寸前だった。一回戦の結果はボロボロに終わった。グローブを着けなかった為に、グリップと掌の間に入る大量の水と手汗でオールをうまく返せずに中盤から最後までは力を入れて握ってしまった。とても悔しかった。技術や体力、筋力もそうだが、それ以前に自分の準備力、想定力のなさに腹がたった。

昼食を挟み、気を取り直して2回戦に向けて準備をした。今度はグローブもつけた。前日に購入したサングラスもつけて、気分もアガる。結果は一回戦と同じでボロボロに負けたが、過程はそれなりに良かったと思う。いつも通りの自分たちの漕ぎができたように感じた。そして、私たちの艇は大きく右に曲がるという癖を発見できた。理由は定かではないが、おそらく私の脚力が左右で違うからだと思う。サッカーをする時、軸足もジャンプするときも右脚をよく使うため、右脚が左脚よりも強いのだと思う。これが私の次の課題の一つとなった。改善しよう。

感情の起伏が大きかった一日だったが、とても濃い経験をできたと思う。次回の大会に向けて、多くのしなければならない事を発見できたので、とても良かった。1年後、今回の自分と大きな差をつけてやる!更に向こうへ!Plus Ultra!!

p.s.次の朝日レガッタは私たち2回生は出ないが、先輩たちのサポートに熱を入れて、沢山観て、学ぶぜ!!

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です